« 2006年06月 | メイン | 2006年08月 »

2006年07月 アーカイブ

2006年07月10日

WM06最終戦

アジアのチームはステージ1で敗退してしまいましたが、
アジアの審判はステージ2のピッチに立つことができました。

ワールドカップのステージ2の試合で笛を吹くのは
アジアの審判では初の快挙。
主審は上川徹審判、副審は広嶋審判と
韓国のキム・デヨン審判が共にピッチに立った。

試合は後半しか見られなかったんですが、
実際どうだったんでしょうか。
帰ってから早めに見る試合のひとつとなりました。

2006年07月31日

中国返り咲き

AFC女子アジアカップ

アデレード(オーストラリア)で開催されていた
女子ワールドカップアジア予選も兼ねるこの大会で
決勝で中国がオーストラリアをPKで下し(延長時2-2)、
連覇が途切れた1999大会以来の優勝を決めた。

中国はもともと開催国枠でワールドカップの出場を決めて
いたが、これで中国・オーストラリア・北朝鮮のワールドカップ
出場が確定。

アジアの残り0.5枠は、11月に北中米カリブ地域3位との
プレーオフで日本が争う。

中国がなんとか、新参者マチルダスの"ビギナーズラック"を阻止(笑

日本は、まぁプレーオフで勝てばイイ。

About 2006年07月

2006年07月にブログ「アジアサッカーファン News」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2006年06月です。

次のアーカイブは2006年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。